<ニッポン流成功法則が学べる無料セミナー>


 
 

最近のカフェはオシャレな雰囲気を演出している店が多いですね。

でも、そういうのは大抵の場合、若い女性に向けのホイップクリームをてんこ盛りにしたパンケーキやフレンチトーストを売りにしたお店で、僕のような30代後半の男一人ではなかなか入りにくいものです。

「コメダ珈琲もオシャレな店なんじゃないの?」

いいえ、コメダ珈琲は特別オシャレな感じを売りにしている感じはそれほどありませんし、コメダにオシャレを求めて利用するお客さんもそんなに多くはないと思います。

どちらかと言えば、誰でも気軽に入れるお店で、居心地が良いのが最大の魅力です。

今回はコメダ珈琲の店内の雰囲気客層について詳しくご紹介します。

ログハウス風の店構え

kanban 黒地にオレンジの文字で、珈琲所コメダ珈琲店と力強く書かれた看板が目印です。


gaikan このようなレンガを使ったログハウス風の店構えが特徴です。


yoru 夜になるとこんな感じで、結構いい雰囲気です。

コメダ珈琲は駅中や地下街、ショッピングモールにも出店していますが、路面店の方が主流です。

大きな幹線道路沿いではなく、一本入った生活道路での出店が比較的多いです。ですので、流れの早い道路での車の出入りをしなくて済みます。

駐車場を広く取っている店舗が多いですが、モーニングの時間帯など、混雑時は全部埋まっていることもあります。

 
 

<ニッポン流成功法則が学べる無料セミナー>


 
 

木造りで明るい店内

tennai 店内もログハウス風で、本物の木とレンガを使っています。都会的なオシャレカフェとは、ちょっと違った方向性でしょうか。

木の温かみをそのまま活かしているので、割りと落ち着けます。こういう山小屋のような雰囲気が好きな人は気に入ると思いますよ!

店内はやや明るめです。雑誌や新聞を見るのには最適で、読書やパソコン作業も出来ます。

店舗や時間帯にもよりますが、コメダは平日でも結構混みます。隣の席からの会話も耳に入ってきますので、作業に集中できる環境とは言えないかもしれません。

座席に着いたときの感じは?

sofa2 コメダの椅子と言えば、赤というかえんじ色に近いベロア生地のソファ

どの店に行っても、大抵このソファが用意されています。

これも今流行りの北欧風のイスやソファと違って、決してオシャレとは言えないかもしれません。

でも、コメダの常連さんからしてみれば「このソファがないとコメダじゃない!」と言いたくなると思います(笑)

座り心地は、固すぎず柔らかすぎず、結構良い感じです。

お尻が痛くならないので、長時間座っていても問題ありませんよ。

sikiri 隣の席とは割りと間隔が空いているか、もしくは写真のような高めの仕切りが設置されています。

周りの目線を気にせず、ゆったりと過ごせます。

[ad#komeda1]

 
 

<ニッポン流成功法則が学べる無料セミナー>


 
 

客の年齢層は高め

地域にもよるでしょうが、基本的にコメダの客の年齢層は高めです。

コメダは早いところだと朝6時にはオープンします。

早朝から無料のモーニングサービスが始まっているので、朝でも結構混むんです。

昼の時間帯も、お年を召したお客さんをよく見かけます。

加えて主婦層、サラリーマン同士などが談笑している光景もよく見かけ、店内もほとんど埋まっています。

どこかしこで話し声が聞こえてくるので、作業や勉強が捗るような環境とは言い難いです。

静かにゆっくりくつろぎたいのなら、平日の夕方から夜がオススメです。

コメダ珈琲にはディナー用メニューというのがありません。

ですので、晩御飯の時間帯は年寄りや主婦層の数は少なめです。

席もちらほら空いていて、話し声も気にならないので割と落ち着けますよ。

4人掛けの席と2人掛けの席があります。

すいていれば、お好きな席へどうぞと通されるだけです。

堂々と4人掛けの席に座りましょう。

以上お伝えしたように、コメダはおしゃれなカフェと違って、誰でも気軽に入れるお店です。

静かな場所が好きな方は、時間帯によってはワイワイガヤガヤとしていて、居心地が悪いと感じるかもしれません。

ですが、基本的には家族で夫婦でカップルで友達同士で一人で、いつでも誰とでも気軽に入れるアットホームなお店です。

普段、喫茶店で時間を潰す習慣がないという方も、もしコメダに少しでも興味があるのなら、ふらっと立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

 
 

<ニッポン流成功法則が学べる無料セミナー>