コメダ珈琲は好きですか?

僕は好きでも嫌いでもなく、まあ普通ですかね。

ですが、使い勝手が良いのでよく利用しています。

コメダ珈琲といえば何と言ってもシロノワールが有名です。

僕はコメダは普通でも、シロノワールは好きです。

メニューを見るとつい頼みたくなります。

今回はコメダの看板デザート、シロノワールとは何か? についてまとめました。

コメダ名物シロノワールとは?

温かいデニッシュパンにソフトクリーム

ところでシロノワールって何?

そういう方のために説明致しますと、

シロノワールとはコメダ珈琲オリジナルのデザートです。

sironoこちらはコメダのメニューのシロノワールが載っている箇所です。

表面はサクッと、中はふんわりと柔らかい食感のデニッシュパン

何やら高級マーガリンを練り込み、64層にまで折りたたんで作られるそうです。

職人さんが手作業で生地を折り込む工程もある、非常に手間のかかる一品のようですよ。

もし暇があれば一層一層剥がして数えてみましょう。

そしてそのデニッシュパンをほんのり温め、その上にたっぷりの冷たいソフトクリームとチェリーがひとつ乗ります。

別添えでメープルシロップが付いてきます。

温かいものと冷たいものが合わさった、珍しいデザートです。

当然、早く食べないとデニッシュパンの上で、甘いソフトクリームがとろりと溶けていきます。

デニッシュは切り分けられています。取り皿に移し、お好みでメイプルシロップをかけて頂きましょう。

シロップはたっぷりかけるのがオススメです。

もうこの際、カロリーとか気にしなくていいじゃないですか。

ゆったりとした席に座って、甘いシロノワールを食べ、コーヒーを味わう。

至福の時間ですね。

スポンサード リンク

シロノワールという名前の由来

sirono白いソフトクリームとっぽいデニッシュパン。

白はそのままシロ、黒はフランス語でノワール(Noir)。

これを組み合わせてシロノワールという名称になりました。

どっこにもフランスの要素がないのにどうしてフランス語に言い換える必要があるのか、なんて厳しく指摘したくなる気持ちは存分に理解できます。

でもグッとこらえましょうよ。

イライラが溜まってるときは甘いものがいいですよ。

そうだ、シロノワールなんていかがですか?

スポンサード リンク

シロノワールの誕生

05シロノワールが誕生したのは、1977年です。

もうすでに40年もの歴史があるデザートなのですね。

本店がオープンしたと同時に誕生したシロノワールは、当初はあまり売れなかったそうです。

ですが、温かいデニッシュパンに冷たいソフトクリームが乗るという珍しい組み合わせが段々と口コミで広まっていき、人気メニューとなったそうです。

シロノワール600円

ミニシロノワール400円

シロノワールの知名度は全国的に高まっており、食べてことがなくても名前は聞いたことがあるという方もいらっしゃるかと思います。

コメダ珈琲へ行く機会があれば、是非一度シロノワールを食べてみて下さい。

コメダでコーヒーとシロノワールを堪能し、あとは雑誌でも読んで席でダラダラと過ごす。

最高にムダで最高に贅沢な時間の潰し方ですね。

スポンサード リンク