コメダ珈琲がトヨタとauとコラボして、「ながらスマホ運転」事故防止プロジェクトを実施します。

Driving BARISTA(ドライビングバリスタ)というスマホアプリをダウンロードして、ながらスマホ運転防止に努めると、お得なコメダのクーポンがもらえるという期間限定の企画のようです。

一体どんな企画なのでしょうか、詳しく見ていきましょう。

ながらスマホ運転防止でコーヒーが飲める

001 Driving BARISTA(ドライビングバリスタ)とはスマホを触らずに運転した距離を計測するアプリです。

車内の水平な場所にスマホを裏返し、時速10~80キロで走行すると画面上のカップにコーヒーが一滴ずつ溜まります。

そして走行距離に応じてポイントが貯まる仕組みになっています。


1km走行すれば1ポイント。

ただし、運転中にスマホを触ってしまうと失敗と見なされ、ポイントが付きません。

100ポイント貯まった画面をコメダで提示すれば、ブレンドコーヒまたはアイスコーヒーと交換できる無料クーポンをゲットできます。

これはお得な企画ですね。

2回目以降は200ポイント(200km)でクーポンとの引き換えになります。

スポンサード リンク

ただし利用には条件が

愛知県内限定のサービス

残念ながらサービスは愛知県内限定となっています。

愛知県では交通事故死亡者数全国ワースト記録が13年も続いています。今回の企画もその汚名を返上する目的で実施しているからです。

ですがとても良い企画なので、好評であれば全国でも実施するかもしれません。

実施期間&クーポン引換期間

走行距離蓄積期間 2016年9月20日から2016年10月6日まで。

クーポン引換期間 2016年9月20日から2016年10月31日までです。

2週間ちょっとしかないので、1杯か2杯分のクーポンがゲットできればいい方ですかね。

クーポンを使うときは、注文する際に店員さんにそのことを伝えましょう

店員さんがスマホを操作してクーポン使用の処理をしてくれます。

スポンサード リンク

なかなか面白い企画で、しかもお得にコメダのコーヒーが飲めてしまうなんて。

愛知県にお住みの皆さん、是非この企画に参加しましょう!

ワタクシも早速ダウンロードを!

smafo
むむっ!?

01
あれ、何故だかスマホの画面がにじんで見えます。

対応環境はiOS9以上/Android 5.0以上で、ジャイロセンサー搭載機種のスマホ向けだそうです。ご注意を。



<2016年11月17日 追記>
2016年9月20日から10月6日までに行った、「ながらスマホ運転」事故防止プロジェクトの結果が報告されましたね。

Driving Baristaをダウンロードして、ながら運転をせずに走行した距離の合計はなんと約260万km、地球約65周相当に達したそうです。

利用可能となったコーヒークーポンは、約2万枚。

そのうち約8,200杯のコーヒーが交換されたそうです。

半数以上のクーポンが利用されないままというのも、意外ですね。

今後またこの企画が実施されるのか、今のところ不明です。

最近はポケモンGOをしながら運転していた人が事故を起こすなど、スマホ操作しながらの運転が問題視されています。

それを抑制する効果のある、意義のあるプロジェクトだと思います。

今後も継続的に行って頂けるよう、期待したいですね。

スポンサード リンク