コメダ珈琲ではコーヒーはもちろんフードメニューもテイクアウトが可能です。

でもちょっと待って下さい!

本当にコメダの商品をテイクアウトして良いんですか?

ワタクシ個人的には非常にもったいないナンセンスな行為に思えてなりません。

その理由について述べてみました。

コメダ珈琲のコーヒーは店内で!

スタバやドトールのようなセルフ式のカフェでは、普通のブレンドコーヒーの値段は1杯250円前後のお手頃価格で購入できます。

一方、コメダはフルサービス型の喫茶店です。

ブレンドコーヒーは420円します。

これを店内で味わわず、お持ち帰りするなんて非常にもったいないです。

正しいコメダの利用方法とは言えません。

コメダ珈琲では席を案内されたら、店員さんが熱々のおしぼりと水を置いてくれます。

おしぼりの袋をパンと割って顔を拭き、「ホットをひとつ」と言えば、しばらくして店員さんが熱々のブレンドコーヒーと豆菓子を持ってきてくれます。

brendo そして、やってきたコーヒーをすすりながら豆菓子をかじり、ゆったりと雑誌や新聞を読みましょう。

読書をする人もいます。

パソコンで作業をしたり、スマホを触っても過ごせます。

コメダ珈琲には店舗にもよりますが、無料のWi-FIサービスがあります。
コメダ珈琲で無料Wi-Fiに接続する方法

コメダ珈琲で無料Wi-Fiに接続する方法



お店や席にもよりますが、電源が使えるところもありますよ。

もし誰かと一緒に来たのであれば、世間話に花を咲かせても楽しいですね。

そうこうしているうちに、座り心地の良いソファの上でつい1時間2時間と長居してしまうでしょう。

でも、それが本来のコメダ珈琲の使い方なんですよ。

同じ420円を払ってこれを堪能せず、コーヒーだけ持って帰るなんて、とてももったいない行為だと思いませんか?


スポンサード リンク

スタバのように絵にならない

コメダ珈琲にオシャレ感を求めてはなりません

コメダは名古屋で生まれた、どえりゃあ普通の、いたって庶民的な喫茶店です。

takeout
コメダ珈琲でテイクアウトしたコーヒーは、このような容器に飲み物を注がれます。

ちょっと飾り気がありませんね。

kidori スターバックスやブルーボトルのような外資系のカフェのような、オシャレ感を演出するアイテムにはならないかもしれません。

それにコメダ珈琲のコーヒーは、各店舗で焙煎・抽出をしておらず、味と香りが他の店より格段にいいというわけでもないのです。

飲みやすいですが、いたって普通のコーヒーです。

席を利用せずして420円のコーヒーをテイクアウトするなら、ワタクシならセブンイレブンのコーヒーで安く済ませます。

フード系もテイクアウトできるけれど…

コメダのフードメニューはボリュームがあることに定評があります。

持ち帰り可能なフードメニューは、

ハンバーガー 450円

ホットドッグ 450円

ハムサンド 540円

カツサンド 820円

みそカツサンド 820円

などがあります。

コメダ珈琲でテイクアウト可能なフードメニューは、玉子ペーストや生野菜を使用していないものです。

また、商品の特性上、コメダグラタンとビーフシチューの持ち帰りも不可能です。

takeout フードメニューをテイクアウトすると、このようなパックを用意して頂けます。

ですが、フードメニューは決して安い値段ではありません。

同じ値段を出して、パン系の食事をテイクアウトしたいのであれば、モスバーガーやサブウェイなどでいいのでは?

と、感じてしまうのですが、いかがでしょうか?

コメダ珈琲には、モスバーガーやサブウェイと違い、クーポン券や割引券がありません。

やはりこういうボリュームのあるフードメニューも、コメダ珈琲の店内でゆっくりと、2~3人のグループで来店したときに分け合って食べるのが、楽しいのかもしれませんね。

スポンサード リンク

テイクアウトするならモーニングを

コメダ珈琲のコーヒをテイクアウトする場合、せっかくならモーニングサービスを利用しましょう。

モーニングはどの飲み物を頼んでも、無料のトーストが付きます。

さらに、ゆで卵 or 小倉あん or 玉子ペーストのなかからひとつチョイス出来るのです。

ただしテイクアウトする場合、玉子ペーストの商品が不可でしたね。

ですので、ゆで卵 or 小倉あんのどちらかを選びましょう。

モーニングサービスは開店から午前11時まで実施しています。

tennai コメダ珈琲の醍醐味といえば、コーヒー1杯でソファにもたれて、ゆったりと時間を過ごすことにあると思います。

それを堪能せずにテイクアウトすると、ただただ割高になってしまうだけに思えます。

ただ、ボリュームのあるサンドイッチやハンバーガーは、コメダ珈琲でしか食べられないメニューです。

家にたくさんの人が集まるホームパーティーで、コメダ珈琲のフードメニューをテーブルに並べるのも、それも一つのコメダ珈琲の使い方なのかもしれませんね。

komechi クリスマスの時期なら、コメチキという唐揚げをテイクアウトするのもアリでしょう。

もし、コメダ珈琲でテイクアウトする場合は、コメダ珈琲でテイクアウト可能なメニューのまとめをご参照下さい。

コメダ珈琲でテイクアウト可能なメニューのまとめ

スポンサード リンク