コメダ珈琲の期間限定商品、小豆小町を早速飲んでみました。

昨年も登場したこの商品。

2016年は小町三姉妹として、葵(あおい)桜(さくら)菫(すみれ)の3種類が登場です。

コメダ珈琲の小豆小町の内容と感想についてまとめましたので、ご覧ください。

コメダ珈琲の小豆小町とは?

komachi まずは、小豆小町の商品について見てみましょう。

葵(あおい)

ブレンドコーヒーに小豆を入れた、葵(あおい)

やさしさと美しさを備えた古風な性格だそうです。

こちらは昨年にも登場したメニューですね。

コーヒーに苦味と小豆の甘味、そして濃厚なコクのあるフレッシュを入れて楽しめそうです。

桜(さくら)

ミルクティーに小豆を入れた、桜(さくら)

上品な香りが漂うおしとやかな性格だそうです。

ミルクティーと小豆という組み合わせは、なかなか見られないと思うのですが、果たしてマッチするのでしょうか?

菫(すみれ)

ホットミルクに小豆を入れた、菫(すみれ)

あどけなさが残る甘えん坊な性格だそうです。

ミルクに甘い小豆が調和して、ホッとできる飲み物に仕上がっていそうですね。

小豆小町を飲んだ感想

それでは、小豆小町を飲んだ感想についてです。

コーヒー+小豆を飲んだ感想

小豆小町2 まずは、ブレンドコーヒーに小豆を入れた葵(あおい)です。

パッと見、いつものブレンドよりも小さめな容器に見えます。

komachi3 普通のコーヒーに見えますが、スプーンですくうとしっかりと小豆が入っています。

ひと口頂きます。

小豆が溶けているのか、少しとろみがあるコーヒーです。

かなり甘みが強いです。

後からコーヒーのほのかな苦味が広がりますが、小豆の甘みの方をより強く感じます。

後味も、甘みの方が口の中に残っています。

けっして合わなくはありませんが、コーヒーを飲んでいる感じがありません。

komachi4 フレッシュを入れてみました。

強い甘みの中に、クリームのコクがあいまって、コーヒー風味の新しいデザートという感覚ですね。

お汁粉とコーヒーゼリーを掛け合わしたような、不思議な味がします。

komachi5 底の方に、かなり小豆がたまっています。

スプーンで混ぜながら、上手に飲みましょう。

ミルクティー+小豆を飲んだ感想

komachi7 続きまして、ミルクティーに小豆を入れた桜(さくら)です。

こちらも、一見普通のミルクティーです。

ですが、しっかりと小豆が入っています。

コメダ珈琲で紅茶は始めて飲みますが、ほわっと紅茶の良い香りが漂ってきますね。

ひと口飲んでみます。

優しい甘みのあるミルクティーで、少しとろみがある感じです。

小豆入りコーヒーよりも、小豆の主張があまり感じられません。

小豆小町 ミルクティーの味の方が強く、ほんのりと小倉あんのコクが出ています。

ミルクティーに小豆なんて合うのか半信半疑でしたが、意外にマッチしています。

小豆入りコーヒーの葵(あおい)よりも、飲みやすい気がします。

スポンサード リンク

ミルク+小豆を飲んだ感想

sumire 最後に、温かいミルクに小豆を入れた菫(すみれ)です。

sumire2 ミルクの中にも、しっかりと小豆が入っています。

まろやかなミルクに、あんこの甘さがマッチしています。

甘いホットミルクにお汁粉を少し足したような味わいです。

sumire3 菫(すみれ)の名のとおり、かき混ぜるとキレイな薄紫色になります。

体も温まりそうな、優しい味わいのドリンクです。

小豆小町のカロリーは?

小豆小町のカロリーについてです。

コーヒーに小豆を入れた葵(あおい)のカロリーは155kcal

ミルクティーに小豆が入った桜(さくら)のカロリーは151kcal

ホットミルクに小豆が入った菫(すみれ)のカロリーは212kcalとなっています。

参考にしてください。

小豆小町の価格と販売期間

小豆小町の価格は、葵(あおい)、桜(さくら)、菫(すみれ)ともに、税込で各480円となっています。※一部店舗では価格が異なります。

販売期間は2016年11月1日(火)から2017年3月末までの予定です。

これからの寒い時期に、甘くて温かい小豆小町はぴったりだと思います。

皆さんも是非お試しください。

スポンサード リンク